ペプチド配合化粧品:肌の構造から美容全般のアドバイス♪
肌のお手入れから見違える美のマジックを伝授!
Beauty Magic トップヘ   文字サイズ変更:    

ペプチド配合化粧品の特徴と効果
ペプチドとは、医学的に解説すると、2分子以上のαアミノ酸がペプチド結合により結合した物質になります。
また、2個のアミノ酸からなるものをジペプチドといい、3個のものをトリペプチドといいます。
※10個以内はオリゴペプチド、それ以上をポリペプチドといいます。

ペプチドは、もともと人間の体内に存在する成分で、細胞を活性化させる指令を出します。 個人差はありますが、一般的に加齢とともにペプチドの量が減少して老化が加速します。

化粧品に配合されるペプチドで有名なのが「ヒトオリゴペプチド-1(EGF)」です。

ヒトオリゴペプチド-1(EGF)は、Epidermal Growth Factor の略で、「細胞再生因子」と訳され、細胞分裂・新細胞の再生を促進させる、重要な因子です。

では、ペプチドが化粧品に配合されるとどんな効果が期待できるのか?

ヒトオリゴペプチド-1(EGF)と配合化粧品の効果
減少する EGF を補うことでターンオーバー(新しい皮膚がつくられるサイクル)を促進し、シミやシワを予防して若々しい肌を保つことが期待できます。

ターンオーバーが活発に行なわれると、メラニン色素の沈着を防いで「肌のくすみ・シミ」をできにくくします。
また、ハリや潤いも保つことが出来るのでシワの予防にもなります。

ワンポイント
化粧品には様々な成分が配合されていて、有名なのが「ヒアルロン酸やコラーゲン」だと思います。
しかし、これらの成分は「補う」ことが主の成分です。
しかし、ペプチド配合化粧品は、肌の細胞を活性化して、コラーゲンやヒアルロン酸を作りだすように促す働きがあるので、肌そのものが若返る効果が期待できます。

ヒトオリゴペプチド-1(EGF)は、ヒトオリゴペプチド-13(FGF)と一緒に配合されると相乗効果で、より強いアンチエイジングの効果が期待できます。
Copyright© Beauty Magic All rights reserved.