加圧トレーニング:肌の構造から美容全般のアドバイス♪
肌のお手入れから見違える美のマジックを伝授!
Beauty Magic トップヘ   文字サイズ変更:    

加圧トレーニング
加圧トレーニングについて
加圧トレーニングとは、文字通り圧力をかけてトレーニングをすることですが、具体的にはベルトで腕または脚を縛り血流の制限をします。
血流を制限することで、血液中の酸素が不足し、軽い負荷でも重い負荷がかかっていると筋肉が錯覚します。

加圧トレーニングは軽い負荷でも重く感じるので気軽に何処でも行うことができますので、週1回20〜30分・毎晩10分を目安に行って下さい。

加圧トレーニングはテレビ、雑誌などでも話題で、芸能人などもハマっている方が多いとか。

加圧トレーニングの期待できる効果
・成長ホルモンの増大により太りにくい体に、また筋力が上がり代謝がよく脂肪の燃えやすい体になるためダイエット効果
・皮膚の老化を防ぐ成長ホルモンが大量に分泌されるため若返り、美肌効果(アンチエイジング効果)
・ベルトを締めたり、緩めたりするので血管が柔軟になるため血行がよくなるので新陳代謝が活発になり冷え性や肩こりなどが改善

加圧トレーニングの注意
・食後2時間はトレーニングを行なわない
・腕と脚は別々に行い同時に縛らない
・加圧時間は腕10分以内、脚15分以内
・加圧トレーニング後の食事は1時間前後控える
・水分補給はしっかりとする
※加圧トレーニングの指導者のもとで行う事をお勧めします。

加圧トレーニングの仕方
バストアップ(大胸筋を鍛えて上向き効果)
ベルトを両腕の付け根で縛り肩幅よりやや広く開き、腕立てをゆっくり肘をやや外に開きながら行う。(5〜20回)
ヒップアップ(引き締まった小尻効果)
ベルトを両足の付け根で縛り、うつ伏せになって両手はアゴの下で組み、お尻と太ももの裏の筋肉を意識して足を高くゆっくり上げる。(左右10〜20回程度)
ウエストシェイプ(くびれ効果)
ベルトを両足の付け根で縛り、あお向けになって後頭部で両腕を組み、両足はくの字に曲げてヘソの上で「右ひじと左ひざ」・「左ひじと右ひざ」がつくように交互に行う。(左右5〜20回程度)
※初心者は回数は意識しないで3回でも5回でもいいので無理しないで下さい。
Copyright© Beauty Magic All rights reserved.