経皮毒:肌の構造から美容全般のアドバイス♪
肌のお手入れから見違える美のマジックを伝授!
Beauty Magic トップヘ   文字サイズ変更:    

経皮毒(けいひどく)
経皮毒とは簡単にいいますと、日用品(化粧品、シャンプー・リンス、殺虫剤、洗剤など)に含まれる化学物質が皮膚や粘膜から浸入し体の中で有害な作用を引き起こすことです。

アスベスト・サリン・ダイオキシンそして農薬といったら誰もが危険性を感じると思いますが、もっと身近な商品に危険性があるのが「経皮毒」です。

一部の新聞でも取り上げられた「化粧品などから体内へ?」という記事がありました。
血液中に化学物質(パラジクロロベンゼン:衣類の防虫剤や防臭剤に使われている)が高濃度で検出されたと当時の厚生省から発表がありました。
このことからもわかるように有害化学物質が普段、私達が使用している商品に使われているということです。

肌荒れ・乾燥肌やアトピーの方はボディーソープを替えたら軽減した例や毎日頭を洗っているのにフケが出る方やベタつく方もシャンプーを替えたら軽減した例もあります。
あくまで例であり、もちろん全ての人が軽減されるわけではないですが試す価値は十分にあります。

表示指定成分
薬事法ってご存知ですよね?
その薬事法で日用品や化粧品などへ「指定成分」の表示を義務づけています。
指定成分・・・アレルギーなどの皮膚障害を起こす恐れのある成分。

逆にいうと少なからず皮膚障害を起こす可能性がある成分が私たちが日常的に使用している商品に入っているという事になります。

商品を購入する際に、裏や横に表示されている表示成分を意識してみるようにして下さい。

■表示指定成分の豆知識
1980年に「アレルギーなどが起きる可能性のある成分」として当時の厚生省が薬事法で表示を義務づけている成分は100品目以上あります。
2001年に薬事法が改正され現在は「全成分表示」となり、その商品に含まれる多い順にすべての成分が表示されています。

全成分表示ですと安全な成分も含まれていて数が多くなり、どれが有害成分なのかわかりにくくなっています。ましてやカタカナ表記や専門用語ですから尚更わかりにくいですよね。

- 関連情報 -
皮膚の構造
⇒経皮毒とは
経皮毒の危険性
有害化学物質の侵入経路
皮膚からの侵入
経皮毒と病気の関係
経皮毒で注意するもの
入浴の際に注意すること
化粧品の危険性について
経皮毒の対策と予防
指定成分一覧表
Copyright© Beauty Magic All rights reserved.