セラミドの種類と配合化粧品:肌の構造から美容全般のアドバイス♪
肌のお手入れから見違える美のマジックを伝授!
Beauty Magic トップヘ   文字サイズ変更:    

セラミドの種類と配合化粧品
セラミドの基礎
セラミドとは専門的ないいかたでは、スフィンゴシン塩基のアミノ基に長鎖脂肪酸が酸アミド結合した化合物群の総称です。また、酵素群により細胞膜からセラミドが遊離し、これがシグナル伝達物質として作用しています。

セラミドは細胞膜に高い濃度で存在し、乾燥やほこりなどの外敵から皮膚を守りバリアーの役目をします。
一般的には、「乾燥肌・敏感肌・アトピー性皮膚炎」などの肌トラブルがある方は肌のセラミドの量が不足がちで、潤いがある美肌で健康的な肌はセラミドの量も多いということになります。

また、セラミドは水に溶けにくい性質がありますので、水分の保持(保湿)と肌の保護に非常に向いているのです。

乾燥肌・敏感肌・アトピー性皮膚炎」などの肌トラブル以外にも紫外線ダメージによって肌のターンオーバー(生まれ変わりサイクル)が乱れても不足します。

セラミドは美容にも肌を乾燥から守る保湿成分として注目されていますので、そんな特性が注目されて、セラミドは化粧水や美容クリームなどの様々な化粧品に配合されています。

セラミド配合化粧品の選び方
コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などといった保湿成分(美肌成分)も有名ですが保湿力では「セラミド」が一番だといわれています。
しかし、注意していただきたいのが、セラミドには種類があり「植物性セラミド・疑似セラミド」などといったものを配合してある化粧品類があり、人間のセラミドと構造上、まったく同じ形の「ヒトセラミド」が配合された化粧品類と混同している方がいるということです。

「ヒトセラミド」は非常に高価ですので安価にするために、多くの化粧品会社が「セラミド配合」といっているだけで、どの種類のセラミドが配合されているのかわかりにくくなっているのが実情です。

セラミドは美肌の為に必要な成分ですので、セラミド配合化粧品の購入の際はどの種類のセラミドが配合されているのかよく確認をして下さい。

普段の生活でのセラミドの摂取方法
セラミドはサプリメントまたは米や小麦の胚芽などの食べ物からも摂取できます。
Copyright© Beauty Magic All rights reserved.