水太りとムクミ:肌の構造から美容全般のアドバイス、美しさへの挑戦♪
肌のお手入れから見違える美のマジックを伝授!
Beauty Magic トップヘ   文字サイズ変更:    

美容全般の豆知識
水太りとムクミの関係
水太り
水太りとは、水分代謝機能が低下してムクミそのものが慢性化し、老廃物中のタンパク質が過剰な水分を包み込んでいる状態といえます。
またムクミがひどくなると脂肪細胞と結びついて硬くなり、お腹・太もも・お尻・二の腕などにできるセルライトの元にもなります。

セルライトと水太りは関係が深いという事を忘れないで下さい

もともと水太りは女性に多く、放置しておくとさらに身体を冷やしいろんな体調不良の原因にもなる恐れがあります。
水太りの原因とされるムクミ(むくみ)は疲労やストレスなどの影響で血行が悪くなり水分が過剰にたまりムクミ(むくみ)ます。 また、ムクミは気温が寒い冬が出やすい症状です。

ムクミ(むくみ)
ムクミ(むくみ)とは、人の身体の60%〜70%は水でその水のほとんどが細胞内にあります。また細胞外の水はその約25%は血液で残りは細胞と細胞の間(細胞間液)に存在します。
通常、細胞間液はリンパ管に入りリンパ液となり代謝されますが、このリンパ液が正常に代謝されないと余分な水分や老廃物が皮膚の下に過剰にたまります。
このような状態を「ムクミ(むくみ)」といいます。

アドバイス
お風呂などで身体を暖め全体的にマッサージをして血行促進を促す。
マッサージの一例:足首から脚の付け根に向かって両手で揉み解すようにマッサージをします。
また膝(ひざ)の裏と太ももの前面を指先で指圧すると効果的です。
手のひらを下に向けて手首から二の腕まで軽くマッサージをして、その後、わきの下中央を軽く指圧します。
※上記のマッサージをボディジェルなど保温・保湿効果のあるをつけて行うとより効果が期待できます。
※ムクミ(むくみ)などが、ひどい場合は病院に行く事をお勧めします。

当サイトの、フィットネスでも体操やマッサージを紹介していますので参考にして下さい。
Copyright© Beauty Magic All rights reserved.