しみ(肝斑)予防と対策:肌の構造から美容全般のアドバイス、美しさへの挑戦♪
肌のお手入れから見違える美のマジックを伝授!
Beauty Magic トップヘ   文字サイズ変更:    

美容全般の豆知識
しみ(肝斑)予防と対策について
しみ(肝斑)とは皮膚に現れる茶褐色もしくは濃褐色の平面的な斑紋のことです。

しみ(肝斑)は何故できるのか?
原因はいくつもありますが主な原因は紫外線です。
そのいくつもある原因による刺激を肌の色素細胞がうけると色素細胞はメラニン色素を放出して刺激に対抗しようとします。
このメラニ色素が肌に沈着してしまうと「しみ・ソバカス」の原因になってしまうのです。

しみ(肝斑)・ソバカスの主な原因
紫外線(UV)
紫外線を浴びた肌は紫外線に対抗しようとするため色素細胞からメラニン色素を放出します。
ストレス
ストレスを身体に蓄積させると色素細胞を刺激するホルモンが分泌され、ストレス時に増加する活性酸素もまた色素細胞を刺激します。
ホルモンバランスの乱れ
ホルモンバランスが乱れると整えようとするホルモン自体が色素細胞を刺激する作用がある。

※上記のような様々な原因により色素細胞が刺激されるとメラニン色素が過剰に分泌されることが「しみ・ソバカス」の原因と考えられます。

妊娠(妊婦)、更年期に「しみ・ソバカス」ができやすくなる?
妊娠(妊婦)、更年期はホルモンのバランスが乱れやすくまた、ストレス(ストレスもホルモンバランスに関係が深い)も蓄積されやすい時期ですので「しみ・ソバカス」ができやすくなります。

肌の老化を早める紫外線
紫外線は殺菌作用やビタミンDの合成の補助などの効果があるので悪いものではありませんが、紫外線の浴びすぎは肌には大敵で、「しみ・ソバカス」の原因となるメラニン色素を過剰に生成したり肌のコラーゲンを傷つけ「しわ・たるみ」を引き起こす可能性があります。

「しみ(肝斑)・ソバカス」に効果がある成分
しみ・ソバカスの対策と予防の為にビタミン・アミノ酸を意識的に補給しましょう。
ビタミンE
メラニンが生成されるのを防ぐ効果が期待でき、新陳代謝を促進してメラニンの排出を促します。ホルモンの分泌も整えるのでホルモンバランスの乱れからくる「しみ・ソバカス」にも効果が期待できます。
ビタミンC
すでに出来てしまった「しみ(肝斑)・ソバカス」を目立たなくさせる効果が期待でき、ストレスが多い方には最適なビタミンです。
システイン
メラニンが生成されるのを防ぎ働きがあるアミノ酸で、新陳代謝を促進してメラニンの排出を促します。

日常生活で出来る「しみ(肝斑)・ソバカス」対策と予防
なんといっても最初は紫外線対策で、UVケアは晴れはもちろん曇りでも使用をお勧めします。(日焼け止めクリームや帽子も併用)
新陳代謝が活発に行われる時間帯(22時〜02時)は睡眠をし、半身浴で血行促進を促しましょう。
Copyright© Beauty Magic All rights reserved.