爪(ネイル)ケアの仕方/方法:肌の構造から美容全般のアドバイス♪
肌のお手入れから見違える美のマジックを伝授!
Beauty Magic トップヘ   文字サイズ変更:    

ハンドケア
爪のお手入れ「ネイルケア」について
そもそも爪(ネイル)は指先の衝撃などから保護するためのものです。

健康な爪(ネイル)は透明なので、爪の下に流れる血液の色が透けて見え、通常淡いピンク色をしていますが、体が不調になってくると、血液の循環が悪くなり、紫色や白っぽく変化しますので健康状態のバロメーターの一つになります。(爪自体に縦や横の線が入ったり凹凸になることもあります)

きれいに魅せる爪(ネイル)は色をつければいいわけではなく、艶があり潤いがある健康な爪(ネイル)があって、はじめて魅せる指先が作れますので日ごろがらお手入れは欠かせません。

手と爪に一番大事なのは保湿です。

手はハンドクリームを爪にはオイルを塗るよにして下さい。

■爪のお手入れ「ネイルケア」の仕方は基本は爪の形を整えるところから始まります。 爪切りで切るのではなく専用のヤスリで削ることをお勧めします。理由は、爪が割れたり二重爪になる可能性があるためです。
ヤスリを使用する時は往復しないで、一方方向に引く感じで使用します。(金属性のヤスリは避けたほうがいいです)
ヤスリで形を整えたら、バッファーで爪を磨いて爪(ネイル)をなめらかにし、艶をだすことによってマニキュアがきれいに塗れます。

アドバイス
バッファーは真横に往復するように使用し、週に1回程度が目安です。

付け爪についてワンポイント
ほとんどの指の形に合う付け爪はラウンド形で、グラデーションのデザインです。 根元はクリアな色か馴染みやすい色にして、爪先にラメやストーンなど目線がいくデザインにすると、指が長く、細く見えます。



-関連情報-
ハンドケアの基礎
手のお手入れの仕方・方法
ジェルネイルの塗り方・方法

Copyright© Beauty Magic All rights reserved.