湿気が多い日のブローテクニック(髪の乾かし方/方法):肌の構造から美容全般のアドバイス♪
肌のお手入れから見違える美のマジックを伝授!
Beauty Magic トップヘ   文字サイズ変更:    

ヘアケア
湿気が多い日のブローテクニック(髪の乾かし方/方法)
梅雨時期などの湿気が多い日はどうしても髪の毛がペタンコになったり、うねったりしてしまいます。
湿気の多い日でもヘアースタイルをキープできるブローテクニックを紹介。

いつもと同じブローをしているのにヘアースタイルが早く崩れてしまう時があります。主な原因は湿気によるものです。
髪の毛が水分を含んで髪の状態が変わりボーリュームがなくなったり、髪の癖が出て、うねってしまいます。

髪型で変わる印象
トップにボリュームないと老けた印象に!髪の毛が全体的に盛り上がると顔が大きく見えてしまう。逆に、トップにボリュームがあり、顎(あご)の辺りで髪の毛が、くびれる「ひし形」は若々しく見えます。

ストレートヘアの対処法
髪の毛はペタンコになるのは湿気による水分で、髪の毛が重くなったり、根元が寝てしまう為です。
トップにカーラーを巻き、分け目をギザギザにして、スプレーで仕上げれば、ボリュームが出て髪形が長持ちします。

また、髪の毛が乾燥した部分には必要以上に水分を吸収して癖がでて、うねってしまう事があります。
髪の毛の、うねった部分をミストで湿らせると効果が期待できます。

パーマヘアの対処法
パーマのカールが伸びるのも、湿気による水分が主な原因です。
外出前に流さないトリートメントをつけておくと効果が期待できます。

水分を含むとカールが再生するというパーマの特性があります。
それを利用してカールが伸びてしまった部分に、パーマヘア用のスタイリング剤で水分補給すると効果が期待できます。

アドバイス
シャンプー後のドライヤーでパーマのカールを伸ばして乾かしていると早くカールがとれてしまいます。
パーマヘアの髪の毛は、手で揉むように乾かすとカールが長持ちします。


Copyright© Beauty Magic All rights reserved.